閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル燃料デブリ回収工法案をNDFが定めた技術要件について検証 - 実現可能性について検討
翻訳タイトルReview fuel debris collection method from twelve technical requirements defined by Nuclear Damage Compensation Facilitation Corp. (NDF) - Consider feasibility
著者山敷 庸亮(京都大学)
著者森重 晴雄(福島事故対策検討会)
著者渡壁 牧人(福島事故対策検討会)
著者北村 康文(福島事故対策検討会)
著者森重 晴貴(福島事故対策検討会)
会議開催日2019-03-22
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
分類5-5-3 廃止措置目標
分類5-3 廃棄物管理
内容セッション: 原子力施設の廃止措置技術
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2019年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/184490
WARP保存日2019-10-24