閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル現場組織の緊急時対応力向上を目指した福島第一原子力発電所事故分析 4 - レジリエントな安全を実現した行動を生み出した背後要因の関係性に関する検討
翻訳タイトルEnhancing emergency response on the field based on analysis of Fukushima Daiichi Nuclear accident 4 - Investigation on mutual relationships of causal factors contributed to realization of resilient safety
著者大場 恭子(日本原子力研究開発機構)
著者吉澤 厚文(長岡技術科学大学)
著者北村 正晴((株)テムス研究所)
会議開催日2019-03-22
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類4-1-2-3 過程と行動
分類3-1-2-1 役割と責任
分類2-2-22 事故管理SSC(安全構造物、系統、機器)
内容セッション: ヒューマンマシンシステム,高度情報処理
情報源文献複写申込へ関連URL関連URL
会議名日本原子力学会2019年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/184499
WARP保存日2019-10-24