閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福鳥県の湖沼に生息するウグイの137Cs濃度の推移
翻訳タイトルChanges of 137Cs concentrations in Japanese dace from twelve lakes in Fukushima Prefecture after the Fukushima fallout
著者鷹﨑 和義(福島県内水面水産試験場)
著者冨谷 敦(福島県農業振興課)
著者和田 敏裕(福島大学)
著者森下 大悟(福島県内水面水産試験場)
著者佐藤 利幸(福島県内水面水産試験場)
著者川田 暁(福島県内水面水産試験場)
著者鈴木 俊二(福島県内水面水産試験場)
著者桝本 和義(高エネルギー加速器研究機構)
会議開催日2017-03-15
言語jpn
ページ数p.232-p.238
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-1-1-4 環境汚染
分類6-1-2-3 水生に対する影響
分類6-1-4-1 事故影響解析のためのツール
内容セッション:一般講演
情報源外部 ウェブページへ
会議名第18回「環境放射能」研究会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/184557
WARP保存日2019-11-16