閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 19
タイトル一次元モデルを用いた大気混合層における福島事故由来Cs-137の再飛散量推定
翻訳タイトルAnalysis of atmospheric resuspension of Cs-137 in the atmospheric mixed layer with 1-D model in Fukushima
著者池田 遼(筑波大学)
著者羽田野 祐子(筑波大学)
著者北 和之(茨城大学)
著者五十嵐 康人(茨城大学)
会議開催日2018-03-13
言語jpn
ページ数p.30-p.35
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-1-4-1 事故影響解析のためのツール
分類6-1-1-4 環境汚染
分類6-1-1-3 放射能フォールアウト/沈着・沈殿
上位階層分類(自動付与)6-1-4 環境保護と修復に関するR&D   6-1-1 環境への放射能放出   
内容セッション:ポスターセッション
情報源外部 ウェブページへ
会議名第19回「環境放射能」研究会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/184581
WARP保存日2019-11-20