閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 55
タイトル福島第一原子力発電所事故後の褐藻類アラメにおける137Cs濃度の部位間差と経時変動
翻訳タイトルInter-tissue differences and temporal trends in 137Cs activities of a Brown Alga, Arame, following the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident
著者石川 陽一(宮城県環境放射線監視センター)
著者高群 富貴(宮城県環境放射線監視センター)
著者小笠原 一孝(宮城県環境放射線監視センター)
著者畠山 紀子(宮城県環境放射線監視センター)
著者新井 康史(宮城県原子力安全対策課)
著者高橋 正人(宮城県環境放射線監視センター)
著者安藤 孝志(宮城県環境放射線監視センター)
著者阿部 郁子(宮城県大崎保健所)
会議開催日2018-03-15
言語jpn
ページ数p.101-p.106
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類6-1-1-3 放射能フォールアウト/沈着・沈殿
分類6-1-2-3 水生に対する影響
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
上位階層分類(自動付与)6-1-1 環境への放射能放出   6-1-2 環境に対する影響   4-3-2 オフサイトモニタリング   
内容セッション:ポスターセッション
情報源外部 ウェブページへ
会議名第19回「環境放射能」研究会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/184594
WARP保存日2019-11-22