閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 94
PDFのダウンロード数(フルテキストPDF) : 126
タイトル帰還困難区域の山地渓流に生息するヤマメ・イワナを対象にした小型CsI(Tl)シンチレーション検出器を用いたCs-137濃度の活魚測定方法の開発
翻訳タイトルDevelopment of a method for measuring live fish concentration of Cs-137 using a CsI(TI) scintillation detector for masu salmon and white-spotted char inhabiting mountain streams in the difficult-to-return area in Fukushima prefecture
著者近藤 陸人(茨城大学)
著者神成田 優花(茨城大学)
著者樽井 美香(茨城大学)
著者斉藤 智幸(茨城大学)
著者岩瀬 広(高エネルギー加速器研究機構)
著者碓井 星二(茨城大学)
著者中里 亮治(茨城大学)
会議開催日2020-09-04
言語jpn
ページ数p.53
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類4-3-2-2 放射線サーベイ方法
分類4-3-2-6 生物相の放射線サーベイ
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
上位階層分類(自動付与)4-3-2 オフサイトモニタリング   
内容ポスターセッション3:「計測・解析技術」
情報源外部 ウェブページへフルテキストPDF
会議名第9回環境放射能除染研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/208755
WARP保存日2020-12-28