閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島原子力発電所事故により放出された放射性Cs濃集粒子に含まれるSr , Pu量から推測される生成過程
翻訳タイトルThe formation processes of highly concentrated radioactive Cs particles released by the Fukushima Daiichi Nuclear Power plant accident from the view point of the amounts of Sr and Pu.
著者五十嵐 淳哉(大阪大学)
著者鄭 建(量子科学技術研究開発機構)
著者張 子見(大阪大学)
著者二宮 和彦(大阪大学)
著者佐藤 志彦(日本原子力研究開発機構)
著者福田 美保(量子科学技術研究開発機構)
著者倪 有(量子科学技術研究開発機構)(北京大学)
著者青野 辰雄(量子科学技術研究開発機構)
著者末木 啓介(筑波大学)
著者篠原 厚(大阪大学)
会議開催日2020-03-18
言語jpn
ページ数p. 1A11
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-1-3-2 実験的モデリング, 分析
上位階層分類(自動付与)5-1-3 原子炉プロセスモデル化   
内容セッション: 5. 核燃料サイクルと材料
内容
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2020年春の年会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/209821
WARP保存日2020-11-30