閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 14
タイトル福島第一原子力発電所事故に起因する135Csの理論的スケーリングファクタの開発
翻訳タイトルDevelopment of theoretical scaling factor method for 135Cs caused by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident
著者寺島 顕一(日本原子力研究開発機構)
著者坂本 雅洋(日本原子力研究開発機構)
著者松村 太伊知(日本原子力研究開発機構)
著者奥村 啓介(日本原子力研究開発機構)
著者藤田 学(JPC(株))
会議開催日2020-03-18
言語jpn
ページ数p. 2D09
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-1-2-2 実験および/または数値解析, シミュレーション
上位階層分類(自動付与)5-1-2 燃料状態診断   
内容セッション: 5. 核燃料サイクルと材料
内容
情報源外部 ウェブページへ関連URL
会議名日本原子力学会2020年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/209870
WARP保存日2020-11-30