閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 17
タイトル福島第一原子力発電所事故の解明・復興に資する計算科学技術 2 - 計算材料科学による環境回復および廃炉に係る材料研究
翻訳タイトルComputational science and engineering contributing to investigation of and reconstruction from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident 2 - computational material science studies for environmental recovery and decommission
著者板倉 充洋(日本原子力研究開発機構)
著者数納 広哉(日本原子力研究開発機構)
著者小林 恵太((一財)高度情報科学技術研究機構)
著者奥村 雅彦(日本原子力研究開発機構)
著者中村 博樹(日本原子力研究開発機構)
著者町田 昌彦(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2020-03-18
言語jpn
ページ数p. 2H_PL02
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-1-3-3 数値モデリング, 分析
分類6-2-1-1 分離
分類5-1-2-2 実験および/または数値解析, シミュレーション
上位階層分類(自動付与)5-1-3 原子炉プロセスモデル化   6-2-1 除染   5-1-2 燃料状態診断   
内容部会・連絡会セッション: 計算科学技術部会
内容
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2020年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:処理・処分・環境回復
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/209920
WARP保存日2020-11-30