閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 11
タイトルConsequence analysis of postulated criticality in SFP using the randomized model of fuel debris
翻訳タイトルConsequence analysis of postulated criticality in SFP using the randomized model of fuel debris
著者Simanullang, Irwan Liapto(Japan Atomic Energy Agency)
著者Yamane, Yuichi(Japan Atomic Energy Agency)
著者Kikuchi, Takeo(Japan Atomic Energy Agency)
著者Tonoike, Kotaro(Japan Atomic Energy Agency)
会議開催日2020-03-18
言語eng
ページ数p. 1I03
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-1-2-2 実験および/または数値解析, シミュレーション
分類5-1-3-1 理論モデリング, 分析
上位階層分類(自動付与)5-1-2 燃料状態診断   5-1-3 原子炉プロセスモデル化   
内容セッション: 3. 核分裂工学
内容
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2020年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/209927
WARP保存日2020-11-30