閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 12
タイトル福島第一原子力発電所デブリの計量管理技術の現状と今後 2 - 燃料デブリ計量管理のための非破壊測定技術の課題と方策
翻訳タイトルStatus and future prospects on technologies for material accountancy of fuel debris in Fukushima-Daiichi Nuclear Power Station 2 - issues and measures of non-destructive assay technologies for material accountancy of fuel debris
著者奥村 啓介(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2020-03-18
言語jpn
ページ数p. 3J_PL02
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-1-2-2 実験および/または数値解析, シミュレーション
分類5-1-3 原子炉プロセスモデル化
上位階層分類(自動付与)5-1-2 燃料状態診断   5-1 事故の事象と進展   
内容部会・連絡会セッション: 核不拡散・保障措置・核セキュリティ連絡会
内容
情報源外部 ウェブページへ関連URL
会議名日本原子力学会2020年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/209941
WARP保存日2020-11-30