閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル定常中性子源を用いたSelf-indication法の核物質検知への適用性研究
翻訳タイトルApplicability study of self-indication method to identify the nuclear material using a stationary neutron source
著者堀 順一(京都大学)
著者佐野 忠史(近畿大学)
著者高橋 佳之(京都大学)
著者八島 浩(京都大学)
会議開催日2020-03-18
言語jpn
ページ数p. 3J13
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-5-2 破損燃料廃止措置プログラム
分類2-3-2-2 使用済燃料
上位階層分類(自動付与)5-5 廃止措置   2-3-2 燃料管理   
内容一般セッション: 総論
内容
情報源文献複写申込へ関連URL
会議名日本原子力学会2020年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/209943
WARP保存日2020-11-30