閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル令和元年度緊急時対応技術適用のためのバックグラウンド航空機モニタリング(受託研究)
翻訳タイトルBackground radiation monitoring using manned helicopter for application of technique of nuclear emergency response in the fiscal year 2019 (Contract research)
情報提供機関JAEA
著者普天間 章
著者眞田 幸尚
著者川崎 義晴
著者岩井 毅行
著者平賀 祥吾
著者佐藤 一彦
著者萩野谷 仁
著者松永 祐樹
著者菊池 陽
著者石崎 梓
著者廣内 淳
著者平岡 大和
著者卜部 嘉
著者工藤 保
掲載日2021-02
言語jpn
ページ数1p.-128p.
種別report
内容記述2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波に起因した東京電力福島第一原子力発電所事故によって、大量の放射性物質が周辺環境に飛散した。事故直後より放射性核種の分布を迅速かつ広範囲に測定する手法として、有人ヘリコプター等を用いた航空機モニタリングが活用されている。本モニタリング技術を原子力施設等の事故時における緊急時モニタリングに活用し、モニタリング結果を迅速に提供するために、全国の発電所周辺におけるバックグラウンド放射線量や地形的特徴、管制区域等の情報を事前に整備している。また、緊急時モニタリングの実効性向上に資するために原子力総合防災訓練に参画し、緊急時航空機モニタリングを実施している。令和元年度は東通原子力発電所並びに六ヶ所再処理工場および志賀原子力発電所周辺について航空機モニタリングを実施し、バックグランド放射線量及びを管制区域等の情報を整備した。また、原子力総合防災訓練の一環として、中国電力島根原子力発電所周辺において緊急時航空機モニタリングを実施した。さらに、本モニタリングの代替技術として期待されている無人飛行機による、原子力災害を想定した運用技術開発に着手した。本報告書は、それらの結果および実施によって抽出された技術的課題についてまとめたものである。
内容記述A large amount of radioactive material was released by the nuclear disaster of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (FDNPS), Tokyo Electric Power Company, caused by the Great East Japan Earthquake and the following tsunami on March 11, 2011. After the nuclear disaster, airborne radiation monitoring using manned helicopter has been utilized to grasp rapidly and widely the distribution of the radioactive materials around FDNPS. We prepare the data of background radiation dose, geomorphic characteristics and the controlled airspace around nuclear facilities of the whole country in order to make effective use of the monitoring tequnique as a way of emergency radiation monitoring and supply the results during accidents of the facilities. Furthermore, the airborne radiation monitoring has been conducted in Integrated Nuclear Emergency Response Drill to increase effectiveness of the monitoring. This report is summarized that the knowledge as noted above achieved by the aerial radiation monitoring around Higashidori nuclear power station, the nuclear fuel reprocessing plant in Rokkasho village and Shika nuclear power station, the full details of the aerial radiation monitoring in Integrated Nuclear Emergency Response Drill in the fiscal 2019. In addition, examination's progress aimed at introduction of airborne radiation monitoring using unmanned helicopter during nuclear disaster and the technical issues are summarized in this report.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211251