閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 9
タイトル平成31年度東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の分布データの集約(受託研究)
翻訳タイトルInvestigations on distribution of radioactive substances owing to the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station Accident in the fiscal year 2019 (Contract research)
情報提供機関JAEA
著者福島マップ事業対応部門横断グループ
掲載日2020-12
言語jpn
ページ数1p.-158p.
種別report
内容記述東京電力福島第一原子力発電所(福島第一原発)事故による放射性物質の分布状況調査を実施してきた。本報告書は、平成31年度(令和元年度)に得られた結果をまとめたものである。空間線量率については、走行サーベイ,平坦地上でのサーベイメータによる定点測定、歩行サーベイ及び無人ヘリコプターサーベイを実施し、測定結果から空間線量率分布マップを作成するとともにその経時変化を分析した。放射性セシウムの土壌沈着量に関しては、in-situ測定及び土壌中深度分布調査をそれぞれ実施した。これら測定結果を基に空間線量率及び沈着量の実効半減期を評価した。測定箇所の重要度分類のためのスコア化の検討では、平成30年度に開発した「スコア」化手法を基に福島県及び80km 圏内でのスコアマップの作成を試みた。また、陸域における放射性物質モニタリングの在り方について検討し、モニタリング地点の代表性について提言した。実測データの統合的解析では、階層ベイズモデルを用いて、航空機サーベイ,走行サーベイ,歩行サーベイにより取得した空間線量率分布データを統合し、福島第一原発から80km 圏内及び福島県全域について統合マップを作成した。これらの他、「放射線量等分布マップ拡大サイト」への令和元年度の測定結果の公開、総合モニタリング計画に基づく放射線モニタリング及び環境試料分析測定データのCSV化を実施した。
内容記述This report presents results of the investigations on the distribution-mapping project of radioactive substances owing to TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (FDNPS) conducted in FY2019. Car-borne surveys, a flat ground measurement using survey meters, a walk survey and an unmanned helicopter survey were carried out to obtain air dose rate data. Air dose rate distribution maps were created and temporal changes of the air dose rates were analyzed. Regarding radiocesium deposition into the ground, surveys on depth profile of radiocesium and in-situ measurements were performed. Based on these measurement results, effective half-lives of the temporal changes in the air dose rates and the deposition were evaluated. In the examination of scoring to classify the importance of measurement points, we created a score map of Fukushima Prefecture and that within 80 km from the FDNPS based on the "score" method developed in 2018. The way of monitoring radioactive materials in land area was examined and the representativeness of monitoring points was proposed. Using the Bayesian hierarchical modeling approach, we obtained maps that integrated the air dose rate distribution data obtained from aircraft monitoring, car-borne surveys, and walk surveys with respect to the region within 80 km from the FDNPS and Fukushima Prefecture. The measurement results for FY2019 were published on the "Expansion Site of Distribution Map of Radiation Dose", and measurement data were stored as CSV format. Radiation monitoring and analysis of environmental samples owing to the comprehensive radiation monitoring plan were carried out.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211284