閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 7
タイトル東京電力福島第一原子力発電所事故の対処に係る研究開発; ふくしま復興に向けた10年の取り組み
翻訳タイトルResearch and development (R&D) for the Fukushima Daiichi Accident; 10 years' activities on Fukushima Revitalization
情報提供機関JAEA
著者福島研究開発部門
掲載日2020-12
言語jpn
ページ数1p.-140p.
種別report
内容記述2011年3月11日、東日本大震災により、東京電力福島第一原子力発電所(以下、「1F」という)事故が発生した。日本原子力研究開発機構(以下、「原子力機構」という)は災害対策基本法指定の公共機関として、緊急時対応などを含めた対応を行うとともに、我が国唯一の原子力に関する総合的研究開発機関として、1F事故の対処に関する研究開発を行ってきた。本報告書は、事故直後から10年後の現在に至るまでの、原子力機構の福島復興対応に関する活動を取りまとめたものである。具体的には、事故直後の緊急時対応、福島部門の設置を含む体制や基盤の整備、廃炉や環境回復に対する研究開発成果、今後の展望について記載している。
内容記述The Great East Japan Earthquake on March 11, 2011, caused the accident of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (1F), operated by Tokyo Electric Power Company Holdings, Ltd. Japan Atomic Energy Agency (JAEA), as a designated institution of the Basic Act on Disaster Control Measures, supported lots of activities on emergency response, environmental remediation and so on. As a unique nuclear R&D institution, JAEA conducted the Research and Development on Fukushima Daiichi Decommissioning and Environmental Restoration. This report summarizes the 10 years' JAEA activities on Fukushima Revitalization, including emergency responses just after the accident, construction on the R&D organization and infrastructures, results of R&D towards 1F decommissioning and environmental restoration and so on.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:処理・処分・環境回復
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211293