閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル総合モニタリング計画に基づく発電所から20km以遠における福島県内の放射線モニタリングデータ集
翻訳タイトルThe Data-base of the radiation monitoring in Fukushima based on the comprehensive radiation monitoring plan
情報提供機関JAEA
著者阿部 智久
著者荻谷 尚司
著者柴田 和哉
著者塙 竜明
著者眞田 幸尚
掲載日2020-08
言語jpn
ページ数1p.-280p.
種別report
内容記述東京電力ホールディングス福島第一原子力発電所事故発生後、日本原子力研究開発機構は事故直後より、文部科学省(後に原子力規制庁)からの委託を受け、平成23年6月から令和元年度まで放射性物質の分布状況調査等を実施してきた。本報告書は、これまで実施してきた福島県内の放射線モニタリング作業において、主に空間線量率・積算線量の測定及び試料(大気浮遊じん・土壌・松葉)中の放射性物質濃度の測定結果としてまとめたものである。空間線量率・積算線量の結果と試料中の放射性物質濃度は、測定地点ごとに経時変化を統一フォーマットの下、データベース化した。また、空間線量率・積算線量の結果と試料中の放射性物質濃度の実効半減期や変化におけるばらつきを評価した。
内容記述After the accidents at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (FDNPS), Japan Atomic Energy Agency has carried on survey for distribution situation of radiation materials under the direction of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (later the Nuclear Regulatory Agency) from June 2011 to FY2019. This report is mainly summarized as data-base of air dose rate, integrated dose and radionuclide concentration of some types of environmental sample (airborne dust, soil, pine needles) in the radiation monitoring in Fukushima Prefecture (20 km far from FDNPS). The results of radiation monitoring were analyzed for temporal change at each measurement site under the unification format. Furthermore, the effective half-life and the dispersion at each location and sample were evaluated based on these big data.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211299