閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル大型過渡事象シミュレーションコード用のポストプロセッサの製作法
翻訳タイトルPost-processor coding for large-scale transient simulation computer codes
情報提供機関JAEA
著者吉川 信治
掲載日2020-03
言語jpn
ページ数1p.-22p.
種別report
内容記述複雑な現象のシミュレーションソフトウェアの結果は膨大なテキストファイルとして出力されることが多い。この場合、計算機内で再現されている現象の全体像をユーザーが把握することは困難である。本報告書は、軽水炉の過酷事故解析コードであるRELAP/SCDAPSIM、及びMELCORのテキスト出力ファイルを読み込んで、解析結果をユーザーが容易に把握できる情報を表示するポストプロセッサを製作する上で獲得したノウハウを、他分野のシミュレーションコードにも適用できるようまとめたものである。
内容記述In various technical fields of nuclear energy, computer codes are often used for transient simulations of target phenomena. Some of the codes were developed many years ago and have been revised with newly acquired findings, rather than newly developed, because of many encompassed numerical models and complexity of algorithms. In many cases, available outputs for users are output text files and graphs showing temporal variations of parameters, despite diversified and huge number of output information items are posing difficulty to the users in grasping the whole picture of the reproduced phenomena. This report compiles a series of know-hows in building a post-processor software for large simulation codes which serves as an interactive tool for code users in understanding the reproduced consequence with visually understandable information items. These know-hows are acquired through post-processor developments for LWR severe accident simulation codes RELAP/SCDAPSIM and MELCOR.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL関連URL
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211303