閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島における放射性セシウムの環境動態研究の現状(平成30年度版)
翻訳タイトルStatus of study of long-term assessment of transport of radioactive contaminants in the environment of Fukushima (FY2018)
情報提供機関JAEA
著者長尾 郁弥
著者新里 忠史
著者佐々木 祥人
著者伊藤 聡美
著者渡辺 貴善
著者土肥 輝美
著者中西 貴宏
著者佐久間 一幸
著者萩原 大樹
著者舟木 泰智
著者鶴田 忠彦
著者御園生 敏治
著者吉村 和也
著者中間 茂雄
著者操上 広志
著者町田 昌彦
著者山田 進
著者板倉 充洋
著者Malins, A.
著者奥村 雅彦
著者Kim, M.
著者Liu, X.
著者山口 正秋
著者石井 康雄
著者武藤 琴美
著者田籠 久也
著者齊藤 宏
著者武宮 博
著者関 暁之
著者北村 哲浩
著者飯島 和毅
掲載日2019-08
言語jpn
ページ数1p.-235p.
種別report
内容記述2011年3月11日に発生した太平洋三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波により、東京電力福島第一原子力発電所の事故が発生し、その結果、環境中へ大量の放射性物質が放出され、その大部分が森林に沈着している。これに対し、面積が広大であり大量の除去土壌等が生じる、多面的な森林の機能が損なわれる可能性があるなどの問題があり、生活圏近傍を除き、汚染された森林の具体的な除染計画はない。そのため、未除染の森林から放射性セシウムが流出し、既に除染された生活圏に流入することに対する懸念があり、避難住民の帰還や産業再開の妨げとなる可能性があった。原子力機構では、環境中に放出された放射性物質、特に放射性セシウムの移動挙動に関する「長期環境動態研究」を2012年11月より実施している。この目的は、自治体の施策立案を科学的側面から補助する、住民の環境安全に関する不安を低減し、帰還や産業再開を促進するといった点にある。本報告書は、原子力機構が福島県で実施した環境動態研究におけるこれまでの研究成果について取りまとめたものである。
内容記述The accident of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (hereinafter referred to 1F), Tokyo Electric Power Company Holdings, Inc. occurred due to the Great East Japan Earthquake, Sanriku offshore earthquake, of 9.0 magnitude and the accompanying tsunami. As a result, large amount of radioactive materials was released into the environment. Under these circumstances, JAEA has been conducting Long-term Environmental Dynamics Research concerning radioactive materials released in environment, especially migration behavior of radioactive cesium since November 2012. This report is a summary of the research results that have been obtained in environmental dynamics research conducted by JAEA in Fukushima Prefecture.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:処理・処分・環境回復
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211334