閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル環境試料中からの放射性セシウム微粒子の単離; リターへの適用事例
翻訳タイトルSeparation of radiocaesium-bearing micro particle from environmental samples; Application to litter samples
情報提供機関JAEA
著者田籠 久也
著者土肥 輝美
著者石井 康雄
著者金井塚 清一
著者藤原 健壮
著者飯島 和毅
掲載日2019-03
言語jpn
ページ数1p.-37p.
種別report
内容記述東京電力ホールディングス福島第一原子力発電所事故由来の放射性セシウム微粒子(CsMP)の空間的分布の把握や、その物理化学特性を統計的に評価するには、環境試料等からの効率的なCsMPの単離が必要となる。本報では、森林生態系のCs循環に影響する可能性のあるリターに着目し、リターからの効率的なCsMPの単離法を開発した。過酸化水素水による有機物分解処理と、電子顕微鏡学的手法を組み合わせることによって、多くの土壌鉱物粒子を含むリター中からCsMPを短時間(1粒子あたり3日)で単離することができた。この単離法は、林床のリターのみならず、生木の樹皮や葉などの植物試料をはじめ、その他の有機物試料への適用も期待される。
内容記述An efficient methodology for separating the radiocaesium-bearing micro particles (CsMPs) released by the TEPCO's Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station accident is required to investigate their spatial distribution and physicochemical properties. In this report we developed an efficiency separation method for CsMP from litters since the radiocaesium in litter may affect the radiocaesium cycling in forest ecosystem. One CsMP separation from litter containing lots of soil particles was attained within three days using electron microscopic analysis with digestion treatment of organic matter. This methodology is expected as CsMPs efficient separation method for not only forest floor litter but also barks and leaves of living tree, and other organic materials in the forested environment.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211336