閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 13
タイトル2017年度楢葉遠隔技術開発センター年報
翻訳タイトルAnnual report for FY2017 on the activities of Naraha Center for Remote Control Technology Development (April 1, 2017 - March 31, 2018)
情報提供機関JAEA
著者福島研究開発部門 福島研究開発拠点 楢葉遠隔技術開発センター
掲載日2019-03
言語jpn
ページ数1p.-51p.
種別report
内容記述楢葉遠隔技術開発センターは、東京電力ホールディングス福島第一原子力発電所の廃炉作業推進のため、遠隔操作機器・装置による廃炉作業の実証試験・要素試験が実施できる施設である。2017年度は64件の施設利用を支援し、東京電力ホールディングス福島第一原子力発電所廃炉作業等の遠隔技術開発に貢献した。また福島県内企業廃炉・除染ロボット関連技術展示実演会等の開催に協力し、地域活性化・福島の産業復興に貢献するとともに、廃炉創造ロボコンや廃炉実習等の支援を通じて長期に亘る東京電力ホールディングス福島第一原子力発電所の廃炉を担う次世代の人材育成に貢献した。本報告書は、2017年度における楢葉遠隔技術開発センターの施設設備の整備・利用状況及びそれに係る取組み、実施した遠隔基盤技術の開発状況、緊急時対応遠隔機材の整備・訓練等の活動状況について取りまとめたものである。
内容記述Naraha Center for Remote Control Technology Development (Naraha Center) was established in Japan Atomic Energy Agency (JAEA) to promote decommissioning of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (Fukushima Daiichi NPS), Tokyo Electric Power Company Holdings, Inc. (TEPCO). Naraha Center consists of a Full-scale Mock-up Test Building and a Research Management Building, and various test facilities are installed in them for the decommissioning work of Fukushima Daiichi NPS, TEPCO. Naraha Center provides the test facilities to various users, such as companies engaged in the decommissioning work, research and development institutions, educational institutions, and so on. Naraha Center started full operations on April 2016 as a base that can be widely used, and the number of the facility use was 64 in FY2017. This report summarizes the activities of Naraha Center in FY2017, such as utilization of facilities and equipment of Naraha Center, development of remote control technologies, maintenance of the remote control equipments for emergency response and training for operators by using the equipments.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211337