閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルロボット試験用水槽の昇温試験
翻訳タイトルHeating test of robot test pool
情報提供機関JAEA
著者荒川 了紀
著者野崎 信久
著者平田 雄二
掲載日2019-01
言語jpn
ページ数1p.-28p.
種別report
内容記述楢葉遠隔技術開発センターは、試験棟と研究管理棟から構成され、東京電力ホールディングス福島第一原子力発電所(1F)の事故後の廃炉作業に向けて必要となる各種試験設備が設置されている。試験設備のうち、水中ロボットの試験用水槽は、室温から60circCまで昇温させた温度条件下で試験が可能な設備となっている。そこで、設置した試験用水槽を昇温させた場合の水槽内の温度分布及び温度上昇挙動を把握することを目的に、室温から60circC(最高設定温度)まで昇温させる昇温試験を行うとともに、解析的検討を行った。本報告は、その昇温試験で得られた実測結果と解析による比較検討結果をまとめたものである。
内容記述The Naraha Center for Remote Control Technology Development consists of a mock-up test building and a research management building, and various test facilities are installed in them for the decommissioning work after the accident of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, Tokyo Electric Power Company Holdings. In the test facilities, the robot test pool for the underwater robot can be tested under temperature conditions raised from room temperature to 60circC. Then, for the purpose of grasping the temperature distribution inside of the pool and the temperature rising behavior in temperature raising condition, a temperature heating test with room temperature to 60circC. (maximum setting temperature) was performed, and as well as an analytical study was performed. This report summarizes the obtained both experimental and analytical studies.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211345