閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 10
タイトル福島事故廃棄物を対象とした93Zr, 93Mo, 107Pd及び126Sn分析法の開発
翻訳タイトルDevelopment of 93Zr, 93Mo, 107Pd and 126Sn analytical methods for radioactive waste from Fukushima Daiichi Nuclear Power Station
情報提供機関JAEA
著者青野 竜士
著者佐藤 義行
著者島田 亜佐子
著者田中 究
著者上野 隆
著者石森 健一郎
著者亀尾 裕
掲載日2017-11
言語jpn
ページ数1p.-32p.
種別report
内容記述福島第一原子力発電所で生じた事故廃棄物を対象として抽出された処分安全評価上重要となる放射性核種のうち、分析手法が定まっていない93Zr, 93Mo, 107Pd及び126Snの4核種の分析法を開発した。主要な分析対象試料として、福島第一原子力発電所構内で採取された滞留水・処理水を想定した。この滞留水・処理水中に含まれる93Zr, 93Mo, 107Pd及び126Snに対して、目的核種の分離・精製法の開発、回収率向上に取り組み、この成果を本報告にまとめた。
内容記述We have developed analytical methods for 93Zr, 93Mo, 107Pd and 126Sn, which are considered important in terms of the safety assessment of radioactive waste disposal. The methods are specialized for the wastes left after Fukushima accident. As the main analytical sample, we assumed accumulated water / treated water collected at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station. As for 93Zr, 93Mo, 107Pd and 126Sn contained in this accumulated water / treated water, we have worked on the development of separation and purification method of target nuclide and improvement of recovery, and summarized these results in this report.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211357