閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島における放射性セシウムの環境動態研究の現状; 根拠となる科学的知見の明示をより意識した情報発信の一環として
翻訳タイトルStatus of study of long-term assessment of transport of radioactive contaminants in the environment of Fukushima; As a part of dissemination of evidence-based information
情報提供機関JAEA
著者鶴田 忠彦
著者新里 忠史
著者中西 貴宏
著者土肥 輝美
著者中間 茂雄
著者舟木 泰智
著者御園生 敏治
著者大山 卓也
著者操上 広志
著者林 誠二
著者齊藤 宏
著者北村 哲浩
著者飯島 和毅
掲載日2017-10
言語jpn
ページ数1p.-86p.
種別report
内容記述2011年3月11日の東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故以降、福島環境安全センターでは、福島の環境回復に向けた取組みとして、事故により環境中に放出された放射性物質のうち特に放射性セシウムの分布状況を評価し将来予測を行うとともに、森林から河川水系を経て海洋に至る環境や我々の生活圏での放射性セシウムの移動状況に係る調査研究「環境動態研究」に取り組んでいる。この度、最新の成果をとりまとめるとともに他機関の関連する最新の成果も参照しまとめたことから、研究成果報告書類として報告する。なお、本成果は、外部への情報発信の一つである福島部門ウェブサイトにおけるQAページを、根拠情報となる科学的知見を含め「根拠に基づく情報発信」として更新するにあたり、コンテンツとして活用されるものである。
内容記述Since the accidents at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant following the Tohoku Region Pacific Coast Earthquake on March 11th, 2011, Fukushima Environmental Safety Center has carried out research on natural mobilization of radionuclide (especially radiocesium) and future forecast from forest to water system and surrounding residential areas. The report summarizes the latest results that have been accumulated from each study field, of our agency together with the other related research organizations. The contents of the report is to be used as evidence-based information for the QA-styled pages in the website of JAEA Sector of Fukushima Research and Development at the time of next renewal.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:処理・処分・環境回復
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211361