閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 19
タイトル訂正; 環境モニタリングデータとWSPEEDIコードで逆算した福島第一原子力発電所事故時ソースタームの131I/137Cs比を用いた事故後期の131I及び137Cs放出挙動に関する考察、2017年日本原子力学会欧文誌、図6の縦軸の修正
翻訳タイトルCorrigendum; Examination of 131I and 137Cs releases during late phase of Fukushima Daiichi NPP accident by using 131I/137Cs ratio of source terms evaluated reversely by WSPEEDI code with environmental monitoring data, J. Nucl. Sci. Technol. 2017, Corrected vertical axis of Figure 6
情報提供機関Taylor & Francis
著者日高 昭秀
著者横山 裕也
掲載日2017-08
言語eng
ページ数ip.-ip.
種別report
内容記述以前に発表した論文(Examination of 131I and 137Cs releases during late phase of Fukushima Daiichi NPP accident by using 131I/137Cs ratio of source terms evaluated reversely by WSPEEDI code with environmental monitoring data [Journal of Nuclear Science and Technology, vol.54(8), pp.819-829 (2017)])における図6の縦軸の訂正である。
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211367