閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 5
タイトル福島第一原子力発電所の廃炉によって発生する放射性廃棄物の処理に向けた固化技術及び減容技術カタログ
翻訳タイトルThe Catalog of solidification and volume reduction technologies for the treatment of radioactive waste generated by the decommissioning of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station
情報提供機関JAEA
著者加藤 潤
著者中川 明憲
著者谷口 拓海
著者榊原 哲朗
著者中澤 修
著者目黒 義弘
掲載日2017-07
言語jpn
ページ数1p.-173p.
種別report
内容記述福島第一原子力発電所では様々な性状の放射性廃棄物が発生している。これらの放射性廃棄物を処分するためには、廃棄物に対して減容処理や固化処理を行い、処分に適した廃棄体を作ることが必要である。また、今後の廃炉に向けた検討では、既存の処理技術が適用可能かを見極めることが必要である。そこで、今後の処理技術の選定に向けて、実規模での開発実績が確認されている国内外の放射性廃棄物の減容技術及び固化技術の文献調査を実施した。本報告書はその調査結果をまとめたものである。対象廃棄物を均一な粉粒体・液体廃棄物と不均一な雑固体廃棄物の2種類に区分し、それぞれに対する減容技術、廃棄体化技術の調査を行った結果を、技術の名称や原理、処理能力、固化体性状などの適用性評価に必要な項目にまとめた。
内容記述Various radioactive wastes have been generated at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (1F). To dispose of the wastes underground, it is necessary to make a suitable waste package by the volume reduction and solidification of the wastes. To plan the future decommissioning of 1F, it is also necessary to estimate feasibility of existing treatment technology for those wastes. Therefore the document survey has been performed about volume reduction and solidification technologies that have domestic or foreign experiences of practical treatment for radioactive wastes to assist selection of suitable treatment of the wastes. This report shows the arranged results. The 1F wastes are classified into two groups, homogeneous particulate and liquid wastes and heterogeneous solid wastes. The needful items for the feasibility study such as a technology name, a fundamental principle, treatment efficiency, and characteristic of solidified waste are summarized in each group.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:処理・処分・環境回復
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211368