閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 13
タイトルオフサイトの現状と課題、専門家の役割
翻訳タイトルCurrent status and issues of Fukushima pref. after the Fukushima-Daiichi Nuclear Power Plant accident, and the role of the nuclear and radiation professional engineer
情報提供機関日本技術士会
著者佐々木 聡
掲載日2017-03
言語jpn
ページ数4p.-7p.
種別report
内容記述オフサイトの現状と課題を、放射線被ばくによる健康影響と社会的影響に整理して解説した。福島の復興のために重要なことは、県外への放射線リスクと福島の実情への正しい理解、県内では放射線以外の社会的課題への取組で、そのための専門家の役割を考察した。
内容記述Current status and issues of Fukushima prefecture after the Fukushima-Daiichi Nuclear Power Plant accident were described both of the health effects of radiation exposure and the social effects. Important activities for revitalization in Fukushima are tackling of social task in Fukushima and understanding of correct radiation risk outside Fukushima. The role of the nuclear and radiation professional engineers for this activity was considered.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211378