閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル放射性物質の環境動態に伴う被ばく経路を考慮したコンパートメントモデルの構築
翻訳タイトルA Compartment model of radionuclide migration in environment based on exposure pathways
情報提供機関JAEA
著者操上 広志
著者新里 忠史
著者鶴田 忠彦
著者加藤 智子
著者北村 哲浩
著者菅野 光大
著者黒澤 直弘
掲載日2017-01
言語jpn
ページ数1p.-50p.
種別report
内容記述本報告では、河川(二級河川)流域規模での放射性物質(特に放射性セシウム)の動態に伴う被ばく経路を考慮したコンパートメントモデルを構築し、試行的な解析を行った。その結果、各コンパートメントのインベントリや濃度、コンパートメント間のフラックスはおおよそ現実的な値となった。一方で、堆積物や外洋への移行、農林水産物への移行について実測値との比較によるモデル検証は十分でなく、今後、実測値との比較を詳細に実施し、コンパートメント設定やパラメータの設定の妥当性を確認していく必要がある。
内容記述In this report, we developed a compartment model of radionuclide migration in environment based on exposure pathways in a river basin scale and performed a preliminary calculation. The results showed good agreement with some measurement, although the comparison of bed sediment, transportation to outer sea and to agricultural products with the measurement was not enough. We continue to validate the model.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:処理・処分・環境回復
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211380