閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル土壌流亡予測式USLEを用いた土砂及びCs移動解析プログラムSACT(Soil and Cesium Transport)利用マニュアル
翻訳タイトルUser manual of Soil and Cesium Transport (SACT), a program to predict long-term Cs distribution using USLE for soil erosion, transportation and deposition
情報提供機関JAEA
著者齊藤 宏
著者山口 正秋
著者北村 哲浩
掲載日2016-12
言語jpn
ページ数1p.-68p.
種別report
内容記述SACT(Soil and Cesium Transport)は、福島第一原子力発電所事故後に地表に降下した137Csを長期移行評価することを目的に、原子力機構が開発した土砂及びCs移行解析プログラムである。本プログラムは、既往のソフトウェア"ArcGIS"上で動作し、米国農務省を中心に開発された土壌流亡予測式"USLE"を用いて土砂の流亡土量を計算したのち、既往の計算式を用いて、砂に対して掃流砂の計算を、シルト及び粘土に対して浮流砂の計算を行う。さらに、各粒度の土粒子に吸着した137Csの濃度比を考慮することで137Csの移動量を計算する。SACTは、迅速に広範囲かつ長期の計算を行うことができるという特徴を有するとともに、着目する領域の土地利用や土壌、降雨特性等の地域性を考慮してパラメータの値を設定することにより、別途現場で取得されたデータを反映した計算を行うことも可能である。当マニュアルは、SACTが広く利用されるよう促進するとともに、利用方法、手順、注意点や最低限必要となる情報を提供するものである。
内容記述JAEA has developed a simple and fast simulation program "SACT" (Soil and Cesium Transport) to predict a long-term distribution of Cs deposited on the land surface due to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident. It calculates soil movement (erosion, transportation, deposition) and Cs migration, and predicts its future distribution with the assumption that it is adhered to soil. SACT uses USLE (Universal Soil Loss Equation) for potential soil loss and simple equations for soil transportation and deposition. The Cs amount is predicted by the amount of soil movement and Cs concentration ratio for each grain-size of soil. SACT is characterized by its simplicity which enables fast calculation for wide area for long-term duration using existing equations. Data for parameters are widely available and site-specific calculations are possible using data of the targeted area. This manual provides useful and necessary information to users and facilitates the use of SACT widely.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211381