閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル燃料デブリの取り出しに係る検討状況と遠隔技術
翻訳タイトルStatus of research for fuel debris retrieval with remote technology
情報提供機関日本技術士会
著者芳中 一行
掲載日2016-10
言語jpn
ページ数4p.-7p.
種別report
内容記述福島第一原子力発電所では廃炉に向けた各種検討、取組みが行われている。本稿では、廃炉における最大の課題である燃料デブリの取り出しについて、CPD講座で講演された内容を中心に解説する。現在、各号機では、燃料デブリの位置・状況を含む原子炉内の調査、解析評価、それらの結果を考慮したアクセス方法(上部・側面)及び燃料デブリ取り出し方法の検討、遠隔技術開発等の様々な取組みが進められている。
内容記述For decommissioning the Fukushima-Daiichi Power Plant, various studies and activities have continued. In this paper, it was mainly described the status of research for fuel debris retrieval with remote technologies, which was the most difficult challenge, introduced in CPD program. Investigation and analyzing for debris condition in each reactor have done. Various researches and developments for the way of fuel debris retrieval with remote technology, including in access route, from the top or side, have continued with the result.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211387