閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルプラスチックシンチレーションファイバ測定技術の福島第一原子力発電所における汚染水管理への応用
翻訳タイトルApplication to contaminated water management in the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station using the plastic scintillation fiber
情報提供機関JAEA
著者眞田 幸尚
著者山田 勉
著者佐藤 義治
著者西澤 幸康
著者石橋 聖
著者渡辺 将久
著者鳥居 建男
掲載日2016-09
言語jpn
ページ数1p.-52p.
種別report
内容記述東京電力福島第一原子力発電所では、汚染水の管理が社会的な問題となっており、海洋への流出を防ぐためシビアな対応が必要な状況が続いている。タンクや側溝内の水中における放射性物質濃度をダイレクトに測定し、モニタリングする手法として、プラスチックシンチレーションファイバ(PSF)の適用が考えられる。そこで、汚染水タンクの漏洩監視や側溝における簡易的なモニターとして適用するために、福島第一原子力発電所敷地内において、基礎的な検討を行った結果をまとめる。
内容記述In the Tokyo Electric Power Co.,Inc. the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station, management of the contaminated water becomes the social problem, and the situation that severe correspondence is necessary continues to prevent an outflow to the ocean. Plastic scintillation fiber (PSF) can apply as technique to direct measure the concentration of radioactive material in the water at a tank and drainage. In this paper, the results of fundamental test was summarized to apply for monitoring of leakage to the tank and monitoring of drainage in the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:汚染水対策
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211389