閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島第一原子力発電所の廃止措置に向けた瓦礫・植物などの放射性核種分析手法に関する検討
翻訳タイトルStudy on radionuclide analysis of rubble and plants for decommissioning of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station
情報提供機関JAEA
著者関 晃太郎
著者佐々木 誉幸
著者秋元 友寿
著者徳永 貴仁
著者田中 究
著者原賀 智子
著者上野 隆
著者石森 健一郎
著者星 亜紀子
著者亀尾 裕
掲載日2016-07
言語jpn
ページ数1p.-37p.
種別report
内容記述研究施設等廃棄物を対象に構築した簡易・迅速分析法にもとづき、福島第一原子力発電所構内で採取された瓦礫や植物などに適用可能な分析フローを作成し、その適用性について検討した。検討の結果、分析対象核種を高い回収率で、90Srや137Csなどの核分裂生成物の影響を受けることなく、放射能濃度を定量が可能であることが確認できた。
内容記述In this study, based on the simple and rapid analytical method established from the wastes from research facilities, we created analytical schemes which is applicable to rubble and plants collected at Fukushima Daiichi, then transported to Nuclear Science Research Institute of JAEA. We examined the applicability, and confirmed quantifiability of radioactivity concentration with high recovery rate without being affected by fission products such as 90Sr and 137Cs.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211392