閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル東京電力福島第一原子力発電所事故後のリスクコミュニケーションの実践; 「放射線に関するご質問に答える会」における核燃料サイクル工学研究所の対応
翻訳タイトルActivities of the interactive public meetings on radiation and its health effect after the TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident in the case of Nuclear Fuel Cycle Engineering Laboratories
情報提供機関JAEA
著者杉山 顕寿
著者菖蒲 順子
著者高下 浩文
著者山本 隆一
掲載日2016-02
言語jpn
ページ数1p.-75p.
種別report
内容記述日本原子力研究開発機構(以下、機構)では、福島県において、保育園, 幼稚園, 小中学校の保護者並びに先生方を主な対象として、放射線に関するご質問に答える会(以下、答える会)を実施した。答える会の実施にあたり、核燃料サイクル工学研究所(以下、サイクル研)において、過去10余年に亘り実施してきたリスクコミュニケーション研究・実践活動経験に基づき、参加者との双方向性を重視したプロセスとして、既に原発事故後の茨城県において順調な活動をしていた「放射線に関する勉強会」の手法をベースとした。答える会の活動をより効果的なものとするため、参加者へのアンケート調査を行った。また、サイクル研では、福島原発事故以前よりリスクコミュニケーション活動の展開にあたり、研究所内各部署の職員をコミュニケーターとして約130名養成・登録していたことから、これを準用、増員して対応した。併せて派遣者(コミュニケーター)へのアンケート調査を行った。本報告書ではこれらの活動内容と、答える会の参加者、及びコミュニケーターのアンケート調査結果等について報告する。
内容記述JAEA has held public meetings on radiation and its health effects mainly for parents of students in kindergartens, elementary schools, and junior high schools in Fukushima prefecture after the Fukushima nuclear accident. These meetings are held based on our experience of practicing risk communication activities for a decade in JAEA with local residents. Questionnaires were collected after the meetings. By analyzing questionnaires, we confirmed that interactive communication is effective in increasing participants' understanding and in decreasing their anxiety. Risk communication study office supported the staff members of the meetings providing information such as participants' questions in the past meetings. To provide information, we made a homepage and held the orientation for the staff members Questionnaires of the staff members were also collected and analyzed after the public meetings.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211410