閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 11
タイトル炉内構造物及び燃料デブリの切断技術開発; プラズマジェット切断技術の適用性試験
翻訳タイトルDevelopment of a cutting technique of core structural materials and fuel debris; Applicability test of the plasma jet cutting technique
情報提供機関JAEA
著者庄司 次男
著者福井 康太
著者上田 多生豊
掲載日2016-01
言語jpn
ページ数1p.-70p.
種別report
内容記述大洗研究開発センターでは、これまでに原子力施設のデコミッショニングに適用する切断技術として、空気中で金属の切断、耐火物の切断及び破砕が可能なプラズマジェット切断技術(最大出力電流250A)の開発を実施してきた。このプラズマジェット切断技術が1Fの燃料デブリや炉内構造物の取り出しに適用できると考え、炉内の厚手の構造物に適用できるよう最大出力電流600Aでかつ水中で使用可能なプラズマジェットに係るトーチを開発し、燃料デブリ及び溶融した炉内構造物等の取出しへの適用性を確認する切断・破砕試験を進めてきた。
内容記述The plasma jet cutting technology (Max output current is 250A) is developed for the dismantling of nuclear facilities in Oarai Research and Development Center. The plasma jet cutting technology is applicable to take out the debris. The plasma jet torch (Max output current is 600A) was produced for this application. This torch is available for the cutting of thick core internal materials in water. The ability of taking out debris and core internal material has been confirmed.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211411