閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島第一原子力発電所事故後の環境回復への取り組みと環境回復技術
翻訳タイトルExperience gained from the Fukushima-Daiichi accident as input for developing a technical knowledge base including remediation technologies
情報提供機関地盤工学会
著者宮原 要
著者飯島 和毅
著者斎藤 公明
掲載日2015-11
言語jpn
ページ数62p.-69p.
種別report
内容記述東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い放出された放射性物質の地表への沈着状況等を踏まえ、原子力機構は、事故直後から国内外の関係機関と協力しつつ環境回復に率先して取り組んできた。これらの取組みは避難住民の早期帰還や住民の安全・安心の確保に向けて、環境中での放射性セシウムの挙動の理解を深め、それを踏まえた沈着状況の将来予測や帰還住民の被ばく線量を評価するための鍵となる役割を担っている。これまでの環境回復の取組みに基づき得られた知見と技術について解説するとともに、今後取り組むべき課題を整理する。
内容記述This review provides a concise overview of knowledge and experience gained from the activities for environmental remediation after the Fukushima Dai-ichi accident as input for developing a technical knowledge base including remediation technologies which is translated into actions that enable the rapid return of evacuees. It is reflecting JAEA's key role in the research associated with both remediation of contaminated areas and the natural processes influencing contamination migration in non-remediated areas, working together with a number of Japanese and international organisations and research institutes. This review also provides a perspective on the future actions required to remediate areas outside the Fukushima Dai-ichi site.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:処理・処分・環境回復
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211416