閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に係る個人線量の特性に関する調査
翻訳タイトルResearches on the characteristics of personal doses after the accident of TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Station
情報提供機関JAEA
著者日本原子力研究開発機構
著者放射線医学総合研究所
掲載日2015-10
言語jpn
ページ数1p.-50p.
種別report
内容記述東京電力福島第一原子力発電所における事故に係る避難指示区域の見直しが完了し、解除が始まった。筆者らは、住民の方々の帰還後の被ばく線量の評価に資するため、避難指示解除準備区域及び居住制限区域内の代表的な生活場所において、個人線量計を用いた実測・評価を行い、空間線量と個人線量の関係について実測・実験的に実証するとともに、帰還後想定される社会生活パターンにおける個人線量の推定を試みたので、その結果について報告する。
内容記述The review of the evacuation area due to the accident of TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Station has completed and the deregulation has begun in some regions. The authors started this research in order to contribute to the understanding of individual dose that is assumed after the return of the residents. Measurements and evaluation using personal dosemeters were conducted at the typical living locations in the area where the evacuation orders are ready to be lifted and the residence restriction area. So the relationship between air dose and personal dose equivalent there was demonstrated observationally and experimentally. In addition, the estimation of the residents' individual doses in the pattern of their social lives expected after returning home.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211417