閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル光硬化型樹脂を用いた止水に関する予備検討(共同研究)
翻訳タイトルPreliminary examination about the seal leak using the photocoagulation resin (Joint research)
情報提供機関JAEA
著者大岡 誠
著者前川 康成
著者富塚 千昭
著者村上 知行
著者片桐 源一
著者尾崎 博
著者河村 弘
掲載日2015-03
言語jpn
ページ数1p.-31p.
種別report
内容記述東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向けた取組みが現在すすめられている。燃料デブリ取り出しのために、格納容器内を水で満たす必要があるが、いくつかの号機では冷却水の漏えいが存在し、漏えいを止めることが最重要課題になっている。福島廃炉技術安全研究所では光硬化樹脂を用いた止水方法を検討している。紫外線照射によって硬化する材料(光硬化型樹脂)を冷却水に混ぜ格納容器の損傷部に到達させ、漏えい箇所出口にて紫外線を照射して光硬化型樹脂を硬化させ損傷部を閉塞するものである。しかしながら光硬化型樹脂は元々コーティング、または塗装剤として使用されるものであり、漏えい止水への適用性は未知である。本稿は、光硬化型樹脂の水中での基本的な硬化性能を把握し、漏えい止水への適用性を検討した結果を報告するものである。
内容記述An action for the decommissioning of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (Tokyo Electric Power Company) is pushed forward now. For fuel debris Remove, it is necessary to fill the Primary Containment Vessel (PCV) with water. Because a coolant leaks out from the PCV, it becomes the most important problem to seal leak the coolant. Nuclear Plant Decommissioning Safety Research Establishment has examined the method of seal leak using the photocoagulation resin. However, originally the photocoagulation resin is used as coating or the painting, and the applicability to seal leak water is unknown. This report describes the result that examined the applicability to seal leak using photocoagulation resin.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211428