閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 13
タイトルFP化合物平衡蒸気圧測定技術の開発
翻訳タイトルDevelopment of measurement technique of the equilibrium vapor pressure of simulated fission products
情報提供機関JAEA
著者高井 俊秀
著者中島 邦久
著者古川 智弘
掲載日2015-03
言語jpn
ページ数1p.-20p.
種別report
内容記述ソースターム評価手法の高度化を目指し、核分裂生成物等に係る基礎熱力学データを拡充するため、模擬FP化合物の平衡蒸気圧測定技術の開発を試みた。測定技術の開発にあたって、既存の高温質量分析計について、高質量数の模擬FP蒸気種の測定と、試料充填・取出し時の変質防止の観点から改造を行い、模擬FP化合物の平衡蒸気圧測定を可能とした。標準試料(銀)を用いた機能確認、模擬FP試料(ルテニウム系試料)を使用した性能確認を実施した。模擬FP試料を使用した試験結果を基に、固相の酸化ルテニウム(IV)の酸素の解離圧と標準生成エンタルピーを評価した結果、文献値と一致することを確認した。これにより、今回整備した試験装置を用いて、高精度の熱力学データの取得が可能であることを確認できた。
内容記述To improve the evaluation technique of source term, the measurement technique of the equilibrium vapor pressure using a high temperature mass spectrometer is required to expand the thermodynamic database of the simulated FPs. Existing test apparatus was adapted for this purpose. A mass spectrometer capable of measuring a wide mass number range and glove box for handling simulated FPs were installed for analyzing heavy FPs and preventing deterioration of simulated FPs in an air atmosphere, respectively. Function verification using standard sample and precision investigation using simulated FP sample were carried out. The oxygen dissociation pressure and standard enthalpy of formation of RuO2(s) were evaluated, and it was confirmed these evaluated values were agreed with the calculated value from existing thermodynamic data and evaluation value written in the literature. Consequently, it was proven that high precision thermodynamic data was able to obtain by using this apparatus.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211429