閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルホットラボにおける照射後試験装置に関する提案
翻訳タイトルA Proposal for the post irradiation examination apparatus in hot laboratory
情報提供機関JAEA
著者福島技術開発試験部
掲載日2015-03
言語jpn
ページ数1p.-45p.
種別report
内容記述東京電力福島第一原子力発電所の原子炉廃止措置に関する廃炉技術開発のため、同サイトに隣接した場所に専用の試験施設であるアクティブ施設を建設する計画が国によって進められている。同施設では、燃料デブリを含む多種多様な試料の試験が実施される予定である。福島技術開発試験部照射後装置検討グループでは、アクティブ施設の試験機器や科学分析設備を提案するとともに、海外を含む最近の照射後試験の動向調査結果に基づき次世代の照射後試験装置について検討した。本報告書は、これまでの検討結果をまとめたものである。
内容記述The governmental program is progressed to build the new hot laboratory (which is called active laboratory) at the nearest area of Fukushima-Daiichi Nuclear Power Station for the development of abolishment techniques of the reactors. Several kinds of sample, which are including the fuel debris, will be examined in the laboratory. The working group for Post Irradiation Examination in our department has the recommendation for the new laboratory and new apparatus for future generation based on the survey of recent needs internationally. This report describes the some recommendations and the results of our review.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211432