閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島の環境回復に向けた取組み; 除染モデル実証事業等で得られた知見を活かして
翻訳タイトルChallenge for Fukushima environmental restoration; Use of knowledge and experience gained from decontamination pilot projects
情報提供機関土木学会
著者宮原 要
掲載日2015-03
言語jpn
ページ数16p.-17p.
種別report
内容記述福島の環境回復に向けて、被災地におけるこれまでの取組みとして、これまで経験したことのない規模の除染に関わるモデル事業を通じて、土木分野等で培われた技術や手法を適用することにより得られた、現在の本格除染にも適宜活かされている知見について概説するとともに、実態に即した今後の研究技術開発動向として、中間貯蔵施設に係る除去土壌等の取扱いについて触れ、土木分野の力の活用を促した。
内容記述Towards Fukushima environmental restoration, knowledge and experience gained from decontamination pilot projects are highlighted and challenges for management of removed soil and wastes for interim storage facility are encouraged based on application of technologies and methods developed mainly in civil engineering to face unprecedented large scale of decontamination areas and to treat large volumes of removed soil and wastes.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL
関連するサイト
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
時間軸情報:処理・処分・環境回復
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211435