閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル原子力緊急時支援・研修センターの活動(平成25年度)
翻訳タイトルAnnual report of Nuclear Emergency Assistance and Training Center (April 1, 2013 - March 31, 2014)
情報提供機関JAEA
著者佐藤 猛
著者武藤 重男
著者秋山 聖光
著者青木 一史
著者岡本 明子
著者川上 剛
著者久米 伸英
著者中西 千佳
著者小家 雅博
著者川又 宏之
著者根本内 利正
著者斉藤 徹
著者加藤 正
著者住谷 明雄
著者山本 一也
著者佐藤 宗平
著者住谷 昭洋
著者奥野 浩
著者吉田 宏
著者菊池 政之
著者松坂 勝
掲載日2015-02
言語jpn
ページ数1p.-69p.
種別report
内容記述日本原子力研究開発機構は、災害対策基本法及び武力攻撃事態対処法に基づき、「指定公共機関」として、国及び地方公共団体その他の機関に対し、災害対策又は武力攻撃事態等への対処において、原子力機構の防災業務計画及び国民保護業務計画に則り、技術支援をする責務を有している。原子力緊急時支援・研修センターは、緊急時には、全国を視野に入れた専門家の派遣、防災資機材の提供、防護対策のための技術的助言等の支援活動を行う。また、平常時には、我が国の防災対応体制強化・充実のために、自らの訓練・研修のほか、国、地方公共団体、警察、消防、自衛隊等の原子力防災関係者のための実践的な訓練・研修、原子力防災に関する調査研究及び国際協力を実施する。平成25年度においては、原子力機構の年度計画に基づき、以下の業務を推進した。(1)国, 地方公共団体等との連携を図った指定公共機関としての技術支援活動、(2)国, 地方公共団体等の原子力防災関係者の人材育成及び研修・訓練、(3)原子力防災に係る調査・研究の実施及び情報発信、(4)国際機関と連携を図ったアジア諸国への原子力防災に係る国際貢献。また、指定公共機関としてこれまでに培った経験及び福島事故への初動時からの対応等を活かし、国レベルでの防災対応基盤の強化に向け、専門家として技術的な支援を行うとともに、支援・研修センターの機能の維持・運営及び国との連携を図った自らの対応能力強化などに重点的に取り組んだ。
内容記述JAEA was assigned as a designated public institution under the Disaster Countermeasures Basic Act and under the Armed Attack Situations Response Act. Based on these Acts, the JAEA has the responsibility of providing technical support to the national government and/or local governments in case of disaster responses or response in the event of a military attack, etc. In order to fulfill the tasks, the JAEA has established the Emergency Action Plan and the Civil Protection Action Plan. In case of a nuclear emergency, NEAT dispatches specialists of JAEA, supplies the national government and local governments with emergency equipment and materials, and gives technical advice and information. In normal time, NEAT provides various exercises and training courses concerning nuclear disaster prevention to those personnel taking an active part in emergency response institutions of the national and local governments, police, fire fighters, self-defense forces, etc. in addition to the JAEA itself. The NEAT also researches nuclear disaster preparedness and response, and cooperates with international organizations. In the FY2013, the NEAT accomplished the following tasks: (1) Technical support activities as a designated public institution in cooperation with the national and local governments, etc. (2) Human resource development, exercise and training of nuclear emergency response personnel for the national and local governments, etc. (3) Researches on nuclear disaster preparedness and response, and sending useful information (4) International contributions to Asian countries on nuclear disaster preparedness and response in collaboration with the international organizations
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211436