閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトルレーザー光を用いた燃料デブリ・炉内構造物取出しに向けた研究,2; 平成25年度研究成果
翻訳タイトルResearch on removal technologies of fuel debris and in-vessel structures using laser light, 2; Research activities on FY2013
情報提供機関JAEA
著者村松 壽晴
著者山田 知典
著者羽成 敏秀
著者武部 俊彦
著者Nguyen, P. L.
著者松永 幸大
掲載日2014-09
言語jpn
ページ数1p.-41p.
種別report
内容記述福島第一原子力発電所の廃止措置作業では、燃料と炉内構造物とが溶融混合凝固した燃料デブリなどを取出し対象とする必要がある。この燃料デブリは、米国・スリーマイル島原子力発電所2号機での知見から、形状不定、高硬度、多孔質、多成分などの特徴を持つと考えられ、これを的確に取出すことのできる工法を確立する必要がある。本報では、高出力・高出力密度、局所加工性、遠隔操作性に優れ、更には靭性によらず溶断・破砕を行うことが可能なレーザー光を熱源とした切断工法を対象とし、燃料デブリの取出しに必要となる要素技術を開発することを目標とした研究計画を策定するとともに、これに基づいた2013年度(平成25年度)の研究成果について記載した。
内容記述In decommissioning works of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plants, it is required that fuel debris solidifying mixed materials of fuels and in-vessel structures should be removed. The fuel debris is considered to have characteristics, such as indefinite shapes, porous bodies, multi-compositions, higher hardness, etc. from the knowledge in the U.S. and the Three Mile Island nuclear power plant. Laser lights are characterized by higher power density, local processability, remote controllabilitiy, etc. and can be performed thermal cutting and crushing-up for various materials which does not depend on fracture toughness. This report describes a research program and research activities in FY2013 aiming at developing removal system of fuel debris by the use of laser lights.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211443