閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島第一原子力発電所内の土壌への放射性核種の移行
翻訳タイトルTransfer of radionuclides to soil at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station
情報提供機関JAEA
著者駒 義和
掲載日2014-09
言語jpn
ページ数1p.-23p.
種別report
内容記述東京電力福島第一原子力発電所の事故において放射性核種が環境に放出された。東京電力は原子炉周辺の土壌を採取し、分析した結果を公表している。この分析値と原子炉内に存在した燃料の組成を用いて、137Csを基準とした輸送比を計算した。
内容記述Due to the accident of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, Tokyo Electric Power Company, Incorporated (TEPCO), radionuclides were released to the environment. TEPCO sampled soil around the reactors and analyzed. Transport ratios normalized to 137Cs were calculated using the measurement of soil and calculated fuel composition in the reactors.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211445