閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 6
タイトル土壌に分布した放射性セシウムによる外部被ばく線量換算係数の計算
翻訳タイトルCalculation of dose conversion coefficients for external exposure to radioactive cesium distributed in soil
情報提供機関JAEA
著者佐藤 大樹
著者古田 琢哉
著者高橋 史明
著者遠藤 章
著者Lee, C.
著者Bolch, W. E.
掲載日2014-08
言語jpn
ページ数1p.-25p.
種別report
内容記述福島第一原子力発電所事故により、土壌に広範囲にわたって沈着した放射性セシウムがもたらす外部被ばくによる公衆の実効線量の評価に必要な線量換算係数を解析した。モンテカルロ法に基づく3次元放射線輸送コードPHITSを用いて、Cs-134及びCs-137が土壌中0.0g/cm2, 0.5g/cm2, 2.5g/cm2, 5.0g/cm2及び10.0g/cm2のいずれかの深さに一様平板分布している条件で線量解析を進め、新生児, 1歳, 5歳, 10歳, 15歳及び成人の換算係数データを整備した。また、放射性セシウムが沈着した土壌上に1ヶ月, 1年または50年、滞在した場合の積算実効線量への換算係数も評価した。解析の結果、年齢が低くなるほど実効線量が大きくなることを示すとともに、全年齢の実効線量が、現在モニタリングされている地表面から高さ1mでの周辺線量当量H* (10)よりも小さいことを確認した。また、現行の放射線障害防止法関連法令の基礎となっている国際放射線防護委員会(ICRP)の1990年勧告と、将来導入が見込まれる2007年勧告で定義された評価法による実効線量では、大きな差異を生じなかった。この他、指数分布をはじめとした体積分布線源に対応した線量換算係数を導出する手法や、評価した換算係数データを今回の事故後の線量評価に適用するための手法を提案した。
内容記述In order to estimate effective dose for the public for external exposure to radioactive cesium distributed in a soil due to the accident of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, dose conversion coefficients (DCC) have been calculated by using a three-dimensional radiation transport code PHITS. The DCC were evaluated for different ages constituting the public, that is 6-day-old babies, 1-, 5-, 10-, and 15-year-old children, and adults, under the condition which the radioactive cesiums, Cs-134 and Cs-137, are distributed uniformly in the soil with a specific depth of 0.0 g/cm2, 0.5 g/cm2, 2.5 g/cm2, 5.0 g/cm2, and 10.0 g/cm2. In addition, we evaluate the DCC for cumulative effective dose for external exposure by remaining on ground with radioactive cesium for a period of concern, that is 1 month, 1 year, and 50 years. As a result of the calculation, it was found that the effective dose for any age does not exceed the value of ambient dose equivalent H*(10), while the effective dose increases with decreasing the age, and the difference of dosimetry system between the ICRP 1990 and 2007 Recommendations does not make a significant difference for the external dose calculation on contaminated ground. We also developed a method to evaluate the DCC for volume source with an arbitrary distribution in a soil, and derived an equation to be applicable to dose estimation in contaminated areas around Fukushima Daiichi Nuclear Power Station considering initial condition of radioactivity of Cs-134 and Cs-137.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211448