閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル福島第一原子力発電所の使用済燃料プールにおける特異な環境履歴を経験した使用済燃料集合体部材の長期健全性に及ぼす腐食の影響評価
翻訳タイトルInfluence evaluation of corrosion on long-term integrity of spent fuel assembly component materials exposed to unusual corrosive environment at unit 1-4 spent fuel pools of Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Stations
情報提供機関JAEA
著者大洗研福島技術開発特別チーム
著者福島燃料材料試験部
掲載日2014-07
言語jpn
ページ数1p.-52p.
種別report
内容記述本研究では、燃料集合体の長期健全性評価上重要かつ優先的に評価すべき部位・腐食事象を独自に選定するために、使用済燃料プールで経験した特異な環境によりFA構成部材において発生が懸念される腐食事象を幅広く抽出し、優先的に評価すべき部位及び腐食事象の絞り込みと対応する長期健全性評価手法案について検討した。燃料集合体健全性については、「燃料被覆管の密閉性」と「燃料集合体の構造健全性」の二つの観点からそれらの性能が維持・担保されているかを確認することとし、「燃料被覆管の密閉性」に関しては、ジルカロイ-2の海水腐食による強度低下が無いことを実証し、プール内で長期保管した場合でも「燃料被覆管の密閉性」が保たれる見込みを示した。一方、「燃料集合体の構造健全性」については、ジルカロイ-2とステンレス鋼の異種金属接触箇所を対象として、長期的な腐食挙動を実験的に予測する手法の概念を検討した。また、予測手法の妥当性検証のために異種金属接触模擬材を用いた塩水浸漬試験により本手法の妥当性を予備的に検討した。
内容記述In this study, a screening study on corrosion phenomena and a preliminary investigation for an evaluation method on long-term integrity of FAs experienced unusual corrosive environment were carried out in views of fundamental features of corrosion. The screening study have led to the following two features of FAs from the viewpoint of the integrity as important phenomena to be further investigated; "fission product confinement of cladding tube" and "structural integrity of FA". In terms of "fission product confinement of cladding tube", it was shown experimentally that influence of the exposure to an unusual corrosive environment was low. On the other hand, in terms of "structural integrity of FA", a concept of experimental methodology for predicting long-term corrosion behavior was preliminary studied for preferentially selected FA local parts composed of different metals.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211451