閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 14
タイトルBWRシビアアクシデント時のソースターム評価手法高度化のための核分裂生成物化学形評価に関する研究; 平成25年度成果
翻訳タイトルEvaluation of fission product and actinide release behavior during BWR severe accident focusing on the chemical forms; 2013 annual report
情報提供機関JAEA
著者大洗研福島技術開発特別チーム
著者福島燃料材料試験部
著者技術開発部
掲載日2014-07
言語jpn
ページ数1p.-60p.
種別report
内容記述本報告書は、シビアアクシデント時に燃料から放出される核分裂生成物の化学を解明してソースターム評価手法の高度化につなげるための研究について、研究スコープをより詳細化・明確化して研究計画を提示するとともに、これまでに得られた成果について記載したものである。BWR制御棒材B4Cが含まれる体系でのソースタームにおけるCs及びI化学解明に資するため、核分裂生成物等放出速度評価、核分裂生成物等の化学形評価及び核分裂生成物等に係る基礎データ整備の3つの研究項目を設定した。装置整備を進めるとともに、非放射性の模擬物質を用いた沈着CsIに対するB蒸気の化学反応の影響等に関する試験を行い、基礎的な知見を取得した。
内容記述We have launched a new research program since 2011 for the evaluation of fission product and actinide release behaviour under the severe accident. Chemical forms of fission products were focused on for more accurate evaluation of source term issues. This report describes the progresses and achievements of the research program in 2013. In order to clarify the Cs and I chemistry in the BWR system during the severe accident which include moderator material B4C, the three research items were configurated: the fission product release kinetics evaluation, the fission product chemical form evaluation and fundamental data acquisition. Basic knowledge on the chemistry of B4C and CsI have been obtained by using non-radioactive samples.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211452