閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 8
タイトル平成23年度福島第一原子力発電所事故に係る福島県除染ガイドライン作成調査業務報告書
翻訳タイトルReport on decontamination pilot projects to establish guidelines for environmental remediation of residential areas contaminated with radioactive materials discharged from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
情報提供機関JAEA
著者木原 伸二
著者天澤 弘也
著者坂井 章浩
著者仲田 久和
著者久語 輝彦
著者松田 規宏
著者大泉 昭人
著者笹本 広
著者三ツ井 誠一郎
著者宮原 要
掲載日2014-07
言語jpn
ページ数1p.-320p.
種別report
内容記述自治体等による除染計画の策定及び除染活動の実施の際に必要となる知見・データの蓄積をすることを目的に、森林に隣接した家屋、傾斜地等を含む南相馬市ハートランドはらまち、並びに家屋,畑,牧草地,果樹園等を含む伊達市下小国地区を対象として面的除染を実施した。除染エリアの地形、土地の利用状況等に応じて容易に実施可能な除染方法を用いた結果、除染後の空間線量率の平均値はおおむね除染前の1/2まで低減した。
内容記述JAEA performed decontamination experiments at two test sites that combined a range of buildings and different types of land use, located in Date and Minami Soma municipalities as field pilot projects in order to accumulate knowledge and data for full-scale decontamination activities performed by local governments. In the pilot projects, we established its plan using practical decontamination methods that can be easily implemented, according to decontamination targets (e.g., forests, agricultural land, residential house and roads) at each site. As a result of the decontamination, the average air dose rates were reduced to approximately one half of the values before decontamination.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211454