閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル水底のin-situ放射線分布測定手法の開発
翻訳タイトルResearch and development of in-situ measurement for radiation distribution of waterbed
情報提供機関JAEA
著者眞田 幸尚
著者高村 善英
著者卜部 嘉
著者土田 清文
著者西澤 幸康
著者山田 勉
著者佐藤 義治
著者平山 弘克
著者西原 克哉
著者伊村 光生
著者石田 睦司
著者石橋 聖
著者佐瀬 隆聡
著者鈴木 元和
著者森 英治
著者米澤 重晃
著者鳥居 建男
掲載日2014-05
言語jpn
ページ数1p.-67p.
種別report
内容記述ここでは、水底の放射性セシウムの濃度を直接測定し、換算する手法(in-situ測定手法)の開発を行った。本方法は、p-Scannerと呼ばれる水中での使用可能な、プラスチックシンチレーションファイバ検出器を開発し、水底の広い面積を短時間に直接測定することを実現した。また、p-Scannerで得られた計数率は、検出器で値付けされた水中用のgamma線スペクトロメータと比較測定を行うことにより、湿潤重量当たりの放射性セシウムの濃度(Bq/kg-wet)に換算できるようにした。開発した手法を、福島県内の農業用ため池に適用し、放射性セシウムの濃度分布マップを作成し、本方法の有用性を示した。
内容記述Distribution of radiocesium existing on the waterbed such as lake or pond was concerned about at the present that passed for two years by an accident. Here, the direct measurement technique of the radiocesium concentration (in-situ measurement technique) was developed. This method was used an plastic scintillation detector (p-Scanner). This detector carried out quick measurement of a large area. In addition, the count-rate of p-Scanner was converted to the radiocesium concentration (Ba/kg-wet) by comparative measurement of gamma-ray spectrometer. We applied the technique to the agricultural pond in Fukushima and made a map of distribution of radiocesium concentration.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211462