閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
タイトル照射済燃料被覆管の孔食電位測定用試料作製技術の開発
翻訳タイトルDevelopment of specimen preparation techniques for pitting potential measurement of irradiated fuel cladding tubes
情報提供機関JAEA
著者鈴木 和博
著者本岡 隆文
著者塚田 隆
著者寺川 友斗
著者市瀬 健一
著者沼田 正美
著者菊池 博之
掲載日2014-03
言語jpn
ページ数1p.-29p.
種別report
内容記述東日本大震災の影響により、東京電力福島第一原子力発電所の2号機, 3号機及び4号機では、緊急冷却策として海水が冷却水として使用済燃料プールへ注入された。海水成分の塩化物イオンは金属材料に孔食を起こす原因物質であることから、使用済燃料プール内の燃料被覆管に孔食が発生・成長した場合、孔食部からの放射性物質の漏えいが懸念される。そこで、海水成分を含む使用済燃料プール水における燃料被覆管の閉込機能の健全性を評価するため、照射済燃料被覆管の孔食発生条件を孔食電位測定により調査することとした。本報告では、高放射性の使用済燃料から孔食電位測定用の試料を作製する技術の開発について報告する。専用機器の開発と作製手順の確立により、専用施設でのマニプレータによる遠隔操作によって、照射済燃料被覆管の孔食発生条件の調査を可能とした。
内容記述By the effect of the Great East Japan Earthquake, seawater was injected into spent fuel pools in unit 2, 3 and 4 at Fukushima Daiichi Nuclear Plant in order to cool spent fuels. It is known that chloride ion contained in seawater could cause pitting corrosion for metallic materials. It was concerned that radioactive products inside of fuel cladding tubes might be escaped through the pits. Therefore we have investigated the pit initiation condition of fuel cladding tubes by measuring pitting potential in order to evaluate stability of the enclosure function of fuel cladding tubes in spent fuel pools containing sea salt. In this report, we describe the development of specimen preparation techniques for pitting measurement of spent fuel cladding tubes having high radioactivity. By accomplishing of the development of the specimen preparation techniques, we could evaluate pit initiation condition of spent fuel cladding tubes in water containing sea salt.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2021)
時間軸情報:使用済燃料プールからの燃料取り出し
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211463