閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 9
タイトル汚染部位調査用ガンマカメラの開発; 福島第一原子力発電所2号機オペレーティングフロア汚染調査を通じたgamma-eyeIIの性能実証
翻訳タイトルDevelopment of gamma camera for survey of contamination distribution; Performance demonstration of gamma camera based on survey of contamination on operating floor of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Unit 2 reactor building by gamma-eyeII
情報提供機関JAEA
著者金山 文彦
著者岡田 尚
著者福嶋 峰夫
著者吉元 勝起
著者羽生 敏紀
著者川野邊 崇之
掲載日2014-03
言語jpn
ページ数1p.-60p.
種別report
内容記述東京電力は、2号機原子炉建屋5階のオペレーティングフロアからの燃料取り出し準備として遮へい・除染計画を立案するため、当該フロアの状況調査を行い、空間線量率が数十mSv/hから数百mSv/hであることをロボットで確認しているが、汚染部位計測には至っていない。そこで、原子力機構は自ら開発したガンマカメラであるgamma-eyeIIの汚染部位計測への適用性を事前に確認したうえで、当該フロアの詳細な汚染分布や汚染密度の情報収集を実施した。事前確認の結果、gamma-eyeIIが比較的高い空間線量率環境下にあっても、当該フロアに想定された高い汚染部位を計測可能であることを確認した。そして当該フロアの汚染部位計測の結果、調査範囲の主たる汚染源は原子炉ウェル上部であり、推定表面汚染密度は約10Mから100MBq/cm2であること、またブローアウトパネル開口部近辺の床面にも原子炉ウェル上部と同程度の汚染があると推定されること、さらに当該フロアの西側床面の推定表面汚染密度は10MBq/cm2未満であることが評価できた。以上の調査を通し、gamma-eyeIIの性能を実証するとともに、ガンマカメラ開発に係る種々の知見を得ることができた。
内容記述For planning of removing fuels and debris from the Unit 2 reactor building, TEPCO has already started to measure dose rate over the floor by remotely operated vehicle. Because the measured data were widely distributed in the range of several decades to one thousand mSv/h, it is necessary for TEPCO to survey of contamination distribution on operation floor 2 for more detail planning. JAEA estimated sensitivity of developed gamma camera system named "gamma-eye II" in consistency with actual radiation condition, and carried a demonstration experiment at Fukushima Daiichi N.P.P. to confirm a strength of jamming by back ground dose. Then, JAEA surveyed contamination distribution of operating floor using gamma-eye II. At the result of survey, it was found that, - main radiation source in survey area was located on upper reactor well, - western floor in survey area was lower the margin of capacity of gamma-eye II, -there was a highly contaminated spot on the floor near the opened BOP.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
時間軸情報:汚染水対策
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211464