閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 12
タイトル東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に係わる廃棄物処理・処分技術開発; 平成24年度成果報告書
翻訳タイトルWaste management technologies development for the accident of TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Station; JFY2012 annual research and development report
情報提供機関JAEA
著者核サ研福島技術開発特別チーム 廃棄物処理処分技術開発グループ
著者原科研福島技術開発特別チーム 廃吸着材処理技術開発グループ
著者大洗研福島技術開発特別チーム 廃ゼオライト保管挙動評価グループ
掲載日2014-03
言語jpn
ページ数1p.-77p.
種別report
内容記述東京電力福島第一原子力発電所においては、平成23年の事故に伴って種々の物質が汚染され、また、原子炉1sim4号機の廃止措置に向けての対応がなされており、放射性廃棄物の処理・処分に関する技術開発が求められている。原子力機構は、事故で発生した廃棄物の処理・処分に関して、事故の直後から事業所・部門が連携して技術開発に取り組んできた。本報告書では、平成24年度までに得られた成果の概要を報告する。
内容記述At the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (F1NPS) of Tokyo Electric Power Company, various materials were contaminated with radioactivity due to the accident of 2011, and decommissioning/demolition of reactors units 1 through 4 have been conducted. And technology development concerning waste processing and disposal has been required. Japan Atomic Energy Agency carried out research and development on the F1NPS waste just after the accident with cooperation by R&D centers and directorates. The report summarizes the results obtained until JFY 2012.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
時間軸情報:処理・処分・環境回復
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/211466